エド


エドさんの音源を聴きました。1950年生まれの彼の歌声は20世紀にはレコードとしてCDとして世に出ることはなく、2012年、彼が歌っていた1970年代、80年代のライブ音源をアルバムに収めた「街の灯」が発売されました。

友部正人さんの「中道商店街」で歌われている‘彼’がエドさんで、やがてはホームレスになり浜松駅の近くのベンチで亡くなっていた...それだけが知る限りでした。

気になってはいたのですが。

どうしても‘彼’の歌声が聴きたくなったのは昨年末のapia40でのライブ、BGMに使われていたのが友部さんのアルバム「なんでもない日には」、そして俺のステージが終わって流れてきたのが「中道商店街」でした。

導かれるように何度も「なんでもない日には」を聴き、エドさんのアルバム「街の灯」を購入するに至ったのです。その際知ったのがエドさんは出身も浜松だということです。それ知ったうえでこの歌を聴き、せつなさがこみあげてくるばかりでした。

‘故郷はどこ’ ...ねえ、浜松、誰も彼のことを語り継いでないよね。誰も知らなかったの?

こんなに素敵なうたうたい、ボーカリストがいたんだよ。悲しくて悔しくて、‘故郷’が大嫌いになった。


Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Sunshine Lab. Proudly created with Wix.com